レンガの家についてホームページを見てみました

3匹のこぶたのお話は、絵本や紙芝居で誰でも1度は見たり聞いたりしたことがあると思います。
1番目の長男こぶたはわらの家、2番目の次男こぶたは木の家、3番目の三男こぶたはレンガの家を建てました。
わらの家と木の家は、オオカミが「ふぅ~~」と吹くと、いっぺんに壊れてしまいましたが、レンガの家はびくともせずこぶたたちは助かりましたね。
これを見たとき私も、住むなら断然レンガの家がいいな~と子ども心に思ったものです。
ただ、わらや木の家に比べると、作るのにとても時間がかかっていました。
日本は地震大国、地震から考えてみるとレンガの家はどうなんでしょうか?
昔は地震に対して強いのは、わらの家が一番リスクが少ないとされていたようです。
レンガもただ積み上げただけでは、大きな地震がくれば崩れると考えられていました。
しかし最近のレンガの家は、ステンレス筋入りで強度が増していますから耐震性も優れているといいます。
よく雑誌やリフォームの本で目にする洋館のレンガの家、あこがれますよね。
あんな家に住むことができたら、どんなに素敵でしょうか。
夢のまた夢ですね。