売上1000万円以上になったら税理士が必要?

税理士と顧問契約している会社もあればしていない会社もありますが、税理士をつけている会社が多くなっています。
一般的には年間の売上が1000万円以上になると顧問契約したほうがいいとされていて、節税対策が必要になり、消費税の課税事業者になり、経営と経理作業のバランスが重要になってくるからです。
売上が上がると納める税金の額も増え、節税対策や法人設立に関するアドバイスが必要になってきます。
また売上高が1000万円以上になると課税事業者となる条件を満たすので、消費税の納税が必要になり、経理業務も煩雑になるので手続きや計算などに時間を取られてしまいます。
本業が忙しくなると経理作業のミスも多くなってくるので、本業に集中するためには税理士に任せる方がいいでしょう。
誤った税務申告を行うと加算税や延滞税などを後で追加で納税しなければならないので、正確な税務申告をするためには税理士がいる方がいいですよ。
税理士と顧問契約を結ぶと月額の顧問料がかかってしまいますが、支払う顧問料以上の節税対策ができれば、顧問料というデメリットは無くなります。